カレイなる日々

華麗な加齢を目指していますが?。最近は残りの時間があまり多くはない親とのかかわりを中心に書いています。

流れが変わってきているのを感じます

ここ数年は、母と父が代わる代わる入退院を繰り返しています。それでもこれまでは退院してくれば、まあ以前と同じような暮らしに戻っていました。
私もまたいつもの「日常」に戻っていました。


父は5月に退院してから、ベッドで寝ている時間が増えました。
&昼夜逆転気味です。
今回は、今までと違うと感じています。
まだ、母が元気な時も多いので助かっています。
体調が良ければ、バスに乗って近所の植物園を散歩もできます。



でも、なんでしょう、最近は私の心の中で、モヤモヤした不安が横たわっています。
それが無くなることはないのだと思いました。
二人とも80代なので、どうしても向かう方向は決まってきています。
ゆっくりなのだけれど、抗えない流れに乗っているのを感じています。