カレイなる日々

51歳、仕事やボランティア活動、親の介護を通して感じたことを書いてみます。
加齢なる日々になるか、華麗なる日々になるか?

まだまだわかってないこと

父の状態は落ち着いている様子。ここ数年、入院、退院、しばらくしてまた入院の繰り返し。これからもこれが続くのでしょう。

ある友達に親の介護の話をしても、なんか空回り。長いつきあいなので、わかってほしい、とつい期待してしまうから思ったような反応が返ってこないと、なんか悲しいです。が、それは私のワガママですね。

今夜は、先輩に親の話をしたら、すごくわかってくれて嬉しかったです。ちょっとコワイ人なのでおしゃべりも気をつかうような人なんですが、介護で苦労されたみたいです。

この人はああだ、あの人はああだ、と私は決めつけることが多いですが、人ってわからないものです。